Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級バタフライ

まとめ

昨日は朝病院に行き、午後は買い物に行ったので、また夜にスポーツクラブに行きました。子供の教室がお休みだったのでプールに行くと泳いでいる人は少なめでした。
自主練はいつもと同じぐらいの時間でしたが、いつもより真面目に行いました。
レッスンは今月の復習でした。最初に気をつけキックを水中で行いました。頭で舵をとって進みました。頭を潜らせて足の方を見る気持ちで深く潜りました。すぐ頭を起こしてキックも入れるのですが私は頭とキックのタイミングが一緒でした。しかし頭を上げてからキックをするように注意がありました。もう一度やってみましたが、どうも一緒に動いてしまいました。次に手を主導して惰性でゆっくり浮き上がらずに手を反らして素早く浮上するようにと注意がありました。やってみるとこれはまあまあできたかもという感じでした。それをふまえて右片手バタフライを泳ぎました。片手なのでスイスイ進みました。
今度は前呼吸で左片手バタフライを泳ぎました。この時手は水中にあまり潜らせずに胸を水の上に覆いかぶせるようにしてフラットに泳ぐようにと言われました。イメージは理解しましたが、うねらずに泳ぐとなぜか進みが悪くなりました。この時キックが弱かったのかな?
それから先週練習した水中スタートの練習を行いました。水中スタートで真っ直ぐ進んで真っ直ぐドルフィンキックを7回行うとコーチはプールの真ん中まで余裕で進んでいました。私はすぐ浮上しないようにドルフィンキックをしっかり打っても7回では真ん中までは到底進みません。今度は7回キックしてから手で水を下に強く押して体を浮上させる練習でした。うまくできません。キックばかり一生懸命していると浮上する時片手だけ水に引っかかったり、8回で浮上したりいろいろなことが起こりました。今度は浮上してからもう一度潜るのも練習しました。それから水中スタートをして1本泳ぎました。どうしても8回キックで浮上しました。最後に速く泳ぐためにキックも強く手も後ろに引く時は素早くするようにと言われました。私があこがれる飛ぶようなバタフライです。しかし泳ぎだすと、水中ドルフィンキックの感覚と浮上してからのスイムのギャップに体がついていけずに途中で立ってしまいました。残念!!
レッスンが終わってから1回だけ泳いでみました。第2キックを強くと自分に言い聞かせて泳ぎました。そうするとなんとなくできてきたように思いました。かなり頭で考えてからでないとまだまだできない状態です。