Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

今月2回目は…

昨日は朝小雨が降っていて肌寒かったので、家でだらだらしているうちに時間がどんどん経ってしまいました。もう泳ぐだけにしようと思い、スタジオ用のウエアーや靴を置いて出かけました。
レッスンよりも1時間以上前にプールに着きました。
最初は自主練をいつも通り行いました。そのあと先週も私が後からついて泳いだ人に誘われてまたクロールを泳ぎました。私はプルブイを足に挟んで泳ぎました。そのあと最初は4人でバタフライを10本泳ぎました。途中から人数が増えてきましたが、私はそれ以上は泳ぎませんでした。というのは上半身が疲れたからでした。土曜日に練習したバタフライのストロークを思い出しながら泳いでみたからです。いつもよりリカバリーが早くなり呼吸が楽になってきました。ただし手や肩甲骨周辺が今まで以上に使っている感じでした。
レッスンは最初先週のおさらいをしました。キックの時腰は曲げないようにと注意がありました。足は最後に両足を合わすようにと先週に続いて注意がありました。
次に手の動きの説明がありました。前に伸ばした手の親指を下に向けて両手を広げて、手首を曲げないようにして肘を高く保ったまま肘を立てます。それから両手を前で合わすようにして前に戻します。
2回歩いて手の動きの練習をしました。歩いて手だけ練習するとできるように思います。しかし泳ぐとできないのです。
それから足でプールの底を蹴って蹴伸びからキャッチの動作と肘を体の真ん中に持ってくるまでを1回ずつ立ちながら行いました。難しいです。蹴伸びで手が浮上してから手を掻くと遅いそうです。水面に手が上がる前にキャッチの動作が入るそうです。そして今度は手を前に戻すところまで足をつけずに1回ずつ立ちながら行いました。
最後に十分伸びて旗から何ストロークで泳げるかやってみました。私は旗からプールの壁まで8ストロークでした。前回より1回減りました。
いつもは月曜日のレッスンに参加しない友達が参加していました。彼女はどの泳ぎもとても上手なのですが、友達なので教えてもらいにくくて、いつも別の話ばかりしていました。
しかしレッスンが終わってから他の人が彼女にストロークを教えてもらっていたので、それならば私もと思って思い切って教えてもらいました。まさに手取り足取りという感じでした。私はキャッチしたあと肘を立てずにすぐに脇を締めて手を前に持って行こうとしていたのでした。しっかり肘を立ててから両手を合わすようにすると体が持ち上がってきました。自分のできていないところがはっきりわかってよかったです。しかし肩甲骨周辺や腕の付け根やお腹が非常に疲れました。ここにきて筋トレが役に立っていることを実感しました。以前ならば肘を立ててから両手を合わすことが全くできなかったのですから。平泳ぎは疲れる泳ぎだと思いました。
ストロークがもっと上手になれば好きな泳ぎに昇格するのですが…。