Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

レッスンまでにすでに疲れました。

昨日は、朝雨が降っていたので自転車で出かけられないかなと心配でしたが、止んだので急いで自転車に乗ってスポーツクラブに行きました。バレトンに参加したかったからです。
蒸し暑かったのでバレトンをしたら汗びっしょりになりました。ジムで筋トレをしようと思っていくとホットヨガの空きがあったのですが暑いのでやめて予定通り筋トレを行いました。
早めにプールに行って自主練をしていると先輩に誘われたので、プルブイを足に挟んでクロールを休み休み泳ぎました。というのは他の人は私より早いのですぐ追いつかれてしまうのです。1人は特に速く泳ぐことができました。どうしたら速く泳げるか、もう1人の人が聞くとお腹に力を入れて泳いでいるそうです。それで私もお腹に力を入れて泳ぎました。すると50m泳ぐだけでも疲れました。体幹に力を入れるのはどの泳ぎでも大事なようです。
バサロキックを練習するのも腹筋を鍛えられるそうです。
そうこうしているうちに今からバタフライを泳ごうか?ということになって3人で泳いでいると他に1人、2人増えてきて、私は10本泳ぎました。土曜日にドルフィンキックを頑張ったのでキックがスムーズにできたように思いました。ストロークに気をつける余裕がありました。疲れるので前に伸びるバタフライで泳ぎました。
レッスンは蹴伸びからキックを行いました。膝をストリームラインから大きく前に出過ぎないように注意がありました。キックするときは足が最後にふわっと上がってくるようにと言われました。これは自分でも感じることが出来ました。次にキックの最後は足の裏を合わせて少しでも抵抗を少なくするようにと言われました。実は足の裏を合わすのは体の柔らかい私は全く問題なくできます。えーっと声を上げている人もいましたが…。
次にストロークの説明がありました。手を前に伸ばしたら親指を下にして手を両側に広げてキャッチをして肘を固定して前腕を立てます。すぐ脇を締め両手で水を挟んで前に刺すように戻します。私は両手の前腕をくっつけることは出来ますが、肘の角度を90度までにはできません。合わせた手を上に持ち上げることができると良いそうですがまだまだ腕が動きません。前に伸ばす手も下がりすぎないように、肩の延長線上が良いそうです。
説明の後肩まで水に浸かって歩きながら手の動きを確認しました。最後に5mラインから25mまで何ストロークで泳ぐことができるかやってみました。私は蹴伸びをしっかりして泳ぐと9回で壁にタッチできました。しかし蹴伸びで伸びていると後ろの人に追いつかれてしまいました。失速したまま伸びていたのでした。