Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

ターン集中講座

苦手なターンを

火曜日はいつものようにスイムトレーニングを終えて少し待ってから、ターンの小人数レッスンを受けました。といっても全く下手なので基本の練習です。まず正しいターンの決まりを説明してくれました。バタフライと平泳ぎは両手で指を重ねずに高さを揃えて壁にタッチすること、背泳ぎはターンのとき90度以上体をひねってはいけないことなどです。
それからバタフライのターンの練習をプールの端の壁を使って練習しました。両手を壁につけたら抵抗を少なくして片手を後ろに引きます。ここで体を斜めに傾けながら足を体の下から壁に近づけます。壁につけた手は頭の後ろから戻して壁を蹴ります。何回か練習した後5mラインからバタフライで泳いでターンをしました。手をクッションのようにバウンドさせるようにと注意されました。
次は平泳ぎのターンでした。バタフライと同じように両手をついてから行います。私は足が体の前から壁に近づけていたので体の下から近づけるように注意されました。私のような姿勢で行うと真っ直ぐ進まずに斜めに進んでしまうそうです。
そしてクロールのターンでした。片手タッチなので両手タッチより1過程少ないはずなのに私は壁についていない手を壁の方に近づけていて無駄な動きをしていたので注意を受けました。
それから難しい背泳ぎのターンでした。まず旗から壁まで何ストロークで泳ぐことができるかを把握することが大切だと言われました。次に背泳ぎのタッチターンは体がひっくり返ってはいけないけれど横向きまではオーケーなので、壁に片手がつく時体を横向きにして、足を体の下から壁に近づけて壁につけた手を前に持って行きます。わかっていても安定しないのでかなり手前から片手を伸ばしてバタ足で進みました。さらに足は前から壁につけてしまうし、壁から離れている手を動かしてしまいうまくいきませんでした。おまけに背中を丸めていたので伸ばすように注意を受けました。
最後にクイックターンを体験しました。腰を曲げてから背中を丸めずに回ると良いそうです。背中を丸めると回りすぎることがあると言って、やって見せてくれました。私は回るのが怖くて今まで一度もプールの真ん中でさえ回ったこともありませんでした。ですからプールの真ん中で回るのも、もちろん1人だけできませんでした。クイックターンはもう諦めていたのですが、壁近くで3秒バタ足したらコーチが体を回してくれました。初めて水中で回る経験ができてとてもいい経験ができました。最後にコーチが見本を見せてくれたのでプールの上からと水中から見ました。私は自分が全くできないので見るポイントが今ひとつわかっていませんでした。それで再度分解して最初腰を曲げて、次に頭を素早く下に向けるところを説明の後少しゆっくりやって見せてくれました。
まわるのは怖いものという先入観があって今までどうしてもチャレンジできませんでした。1人で練習することはまだできないけれどまた体験できる機会があれば、やってみたいと思いました。