Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級背泳ぎ

雨だったので…

昨日は朝から雨だったのでバスでスポーツクラブに行きました。受けたかったバレトンは間に合わなかったので、筋トレをして、ホットスタジオでコアヒーリングを受けて、エアロビクスに参加しました。
それからプールに行って水中歩行とプルブイを持って上下左右のバタ足と上下のドルフィンキックを行いました。それから蹴伸びと6ビートのクロールや、クロールのストロークのドリルを行いました。土曜日にはクロールの6ビートがうまくできなかったので、家でイメージトレーニングをしたので、やってみるとなんとなくできてきました。しかし考えながらでないと上手くいきませんでした。
レッスンはキックからでした。コーチが初級のキックと中級のキックの見本を見せてくれました。
初級は普通に綺麗なキックでした。中級のキックは足を内股にして両足を内側に巻き込みながら最後は小指側で水を押すようにします。私は立ったままやってみると左足はできたけれど右足は水しぶきが全く出ませんでした。実際にやってみるとすごく疲れるキックでした。
今度は、気をつけの姿勢でローリングの練習でした。肩が水面から出るようにしても下半身は一緒に連動せずにキックは真っ直ぐするようにと注意がありました。
気をつけで5秒間片方の肩を上げながらキックをしました。私は肩を上げているつもりが上げっていなかったらしくて、「もっと肩を上げて。」と注意されました。
今度はできる人は片手を天井に向けて5秒間キープしながらキックするようにと言われました。腕を肩甲骨から伸ばすようにしました。私がもっと手を天井の方に伸ばすように、コーチが高いところで手の場所を指し示していました。頑張って伸ばしましたがあと少しで届きませんでした。
次に片手背泳ぎをしました。手は後ろまで伸ばしたら体側にそって下に下ろすように注意がありました。右片手背泳ぎが終わってコーチが蛇行する人に2種類あることを説明してくれました。手を外に入水して外側に蛇行する人と、プッシュが体側から離れて反対側に蛇行する人に分かれるそうです。
私はキックの強さの違いばかり考えていましたが手も注意が必要でした。左片手背泳ぎの時は手を体側にそって下ろすように気をつけました。蛇行が少しマシになってきたように思いました。私の場合プッシュに気をつける必要があるようでした。
終わってバタフライクラブの人たちとバタフライを泳ぎました。13人もいました。私は12本泳ぎましたが、多い人は22本も泳いだそうです。実はまだ余裕はあったのですが後で疲れが残って寝込んでしまうのが嫌だったのでやめて帰ってきました。最近自分の泳ぎも負荷が高くなって無理をすると疲れが残るようになってきました。ゆったり泳ぐと良いのかもしれませんがそれでは満足できなくなってしまいました。