Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

姿勢とプル力向上

昨日は朝からスポーツクラブに行きました。
いつものようにバレトンから参加しました。7月から始めたので、最近お尻に筋肉がついてきたように思います。汗びっしょりになりました。
終わってからジムで筋トレを行いました。最近ちょっとさぼっていたので1週間ぶりでした。いつもはマシンのところに書いているどこの筋肉を鍛えるかを見ていなかったのですが、ちょっと見てから行うようにしました。
それからプールに行って自主練をしました。レッスンまで1時間以上ありました。
特に平泳ぎは、伸びて伸びて泳いでみました。どんどん伸びるので面白いくらいでした。今まで伸びが足りなかったなあと思いました。
レッスンは蹴伸びからでした。まず手を上に真っ直ぐ伸ばして、脇を伸ばしてお腹を引っ込めて、お尻も力を入れます。この状態でスタートです。先日上手な人の蹴伸びを見て真似してから、蹴る時に力を入れるようにしたらちょっと進歩してきました。嬉しい!
次はキックをしたら3秒伸びるようにと言われました。私は3秒よりもっと長く伸びることができるようになってきました。なんか進化してきたみたいです。プライベートレッスンの時にもコーチに「平泳ぎも進化してきてるね。」と言ってもらえたのでした。すごく嬉しい気分です。
コーチが説明してくれていることがどんどん頭に入ってきます。どこが自分と違うかというところが客観的に理解できるようになってきました。
ウェッジキックとウィップキックでは気をつける姿勢が違うそうです。
ウェッジキックは体を水平にしてキックするそうです。ウィップキックは体を水平にするとあおり足になるので、少し下げ気味にキックして最後に足を上にあげると良いそうです。これで曖昧だったところがはっきりと理解できました。
次はストロークの説明でした。まず肘は絶対引かないようにと注意がありました。手をできるだけ前に伸ばして前腕で水を捉えたら、そのまま真っ直ぐ前に差し出せば良いそうです。上下の動きはいらないそうです。頭を水中に入れて、軽くバタ足を入れながら手を動かしました。一生懸命動かしても後ろの人に追いつかれてしまいました。脇や背中が疲れるのが良いそうで、腕がだるくなるのは手だけで進もうとしているそうです。夜のレッスンの時はじめて教えてもらって、自主練に取り入れてしばらくの間は、腕が筋肉痛になっていましたが、もうそれは無くなりました。
スイムでは、呼吸の時に止まらないように常に進むようにと注意がありました。私も呼吸の時間が長過ぎてずっと注意を受けていたのでした。
終わってから平泳ぎで25mを2本泳いで見ると、以前よりストローク数が1つ減っていました。
さらに、バタフライクラブの人たちとバタフライを10本泳いで帰ってきました。私は土曜日のレッスンで練習した水中ドルフィンキックを7回ぐらいして10mラインを意識して泳いでみました。一番よかったのは8回で10mでしたがたった1回だけでした。腕が上がりにくくなってきたのでプッシュを強くしてみたら腕が楽になりました。