Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

きれいなターンで

長い距離も楽しく…

楽に、長い距離を、できるだけ速く泳ぐために、効率の良いターンは欠かせないようです。
タッチターンの正しい動きを身につければ一流選手のようにきれいで速いターンが可能になるそうです。タッチターンは、誰でも無理なくできる初心者向けのターンだと本にも書いてあります。
一応私もタッチターンをしているのですが全然速くできません。
ターンの動作は大きく3つに分けることができます。
壁に向かう段階はスピードが最大になったフラットな姿勢で、クロールや背泳ぎでは片手で壁にタッチします。まず私はスピードが減速していました。
次の段階は、小さく抵抗の少ない姿勢のままで手と足を素早く動かして回転します。ここでも体を小さくできていないのです。
最後の段階は、蹴り出しですがスイム中で最もスピードが上がる瞬間だそうです。これも蹴り出しが弱くてスピードが上がっていません。
結局どの段階もまともにできていなかったのでした。
上手にできるためには、1)小さく回る2)スピードイン=スピードアウト3)ゆっくりそして速くが原則だそうです。頭で理解できたのでこれからは練習です。
悲しいかな私は見ただけではできないのです。