Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

自分の課題がわかるレッスンでした。

昨日は朝からスポーツクラブに行き、バレトンとヨガを行いました。バレトンもだいぶ慣れてきました。ヨガではいつもインストラクターさんがポーズで気になる人はチェックしてくれます。私は肩が上がっていて肩が前に入っているのでいつも直してくれます。終わってからプールに行きました。
本日のレッスンは今までで一番たくさんの参加者でした。
最初は蹴伸びでした。丹田に力を入れお尻をキュッと締めるように注意があって行いました。私は旗を越えるぐらいしか進みませんでした。次に息を吐く練習でした。息を吐かないと吸うことができないからです。息を吐きながらプールの底に長座になる練習をしました。私はどうしてもお尻がプールの底よりちょっと上までしか降りませんでした。息を吐き続けることはとても難しいです。息を十分吐き切っていないと古い空気が残ってしまって、新しい空気を十分吸うことができないのだそうです。
また息を吐くとき鼻からだけではなく、口からも吐くとたくさんの息を吐くことができるそうです。私は今まで鼻で息を吐いて口から吸うのが水泳だと思い込んでいました。
次にビート板を持って息を十分吐いて苦しくなったら手を回して吸う練習をしました。胸が苦しくなったら息を吸う感じでした。
そして毎回呼吸でクロールを泳ぎました。息を吸う量と吐く量が同じでないとうまくいかないそうです。いつもより一生懸命息を吐きました。
それから足はキックを打たずに手だけで泳ぎました。前で泳いでいる人を見てみると両足が広がっている人が多かったです。私は足は揃え気味にしたのですが、だんだん足が下がってきてしまいました。
最後に2ビートで泳ぎました。なんとか2ビートにはなったのですが…
レッスンが終わって毎回呼吸でと2ビートで泳いでみました。2ビートで泳ぐときは、かなり前に重心をかけないと1ストロークであまり伸びられないことがわかりました。
息の吐き方が十分でないのと、重心が後ろに下がってきていることが自分でも確認できました。この悪いところが私のクロール失速の大きな原因の一つだとわかりました。