Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

今月1回目は…

昨日は朝から雨でしたが、雨がやんだ合間を縫って自転車でスポーツクラブに行きました。少々疲れ気味だったのでスタジオのレッスンはやらずに、ジムで筋トレと10分間のトレーニングを行いました。トレーニングは足でした。太腿の前後を使ったので私は汗だくになりました。
いつもより早くプールに行きました。自主練の時間はたっぷりあったのでレッスンまで、キック練習を真面目に行いました。まずビート板を持って4種類のキックを2本ずつレッスンで教えてもらったことを踏まえて行いました。次にビート板なしでも4種類のキックを2本ずつ行いました。
それから休憩を兼ねて蹴伸びを4本行い、プルブイをつけて平泳ぎ以外の3種類のスイムを行いました。1本だけ背泳ぎの手に足はドルフィンキックを入れて練習しましたが最後の方には疲れてきました。残りはプルブイをつけてクロールを何本か泳ぎました。
レッスンはまず姿勢の説明からでした。丹田に力を入れてお腹を引っ込めて背中を少し丸めるようにしてストリームラインを作って蹴伸びをしました。私はあまり長い距離進めませんでしたので最後にずっと伸びていたら後ろの人が追いついてきました。
次はキックの練習でした。ストリームラインをとって足は水中でキックするようにと言われました。1回行った後コーチが見本でキックすると細かい泡がプールの底まで届いていました。もう1回私たちがキックするとほとんどの人が泡はプールの上から3分の1ぐらいまででした。私はその泡も最初は立っていませんでした。よく考えてみるといつも自分がしているキックと違って足の先ばっかり動かしていました。今度はコーチにいつものように大きくゆっくりキックするようにと言われました。やってみるとさっきより泡は立っていました。後ろを泳いでいた上手な人が「今ぐらいのキックなら良いよね。」と言ってくれました。
それから手の練習でした。まず手を後ろから大きくまっすぐ前に回しました。「水中では手を曲げる動作が入ってきますが上ではまっすぐにしてください。」と言われました。「実際は反対で水中はまっすぐで上で曲げている人がいます。」と言いその動作を真似してくれました。1回目なので「どちらもまっすぐで良いです。」と言われました。まず歩きながら手の練習をしました。次にキャッチアップで手を大きく動かす練習をしました。呼吸はなしで行いました。体がぶれないように気をつけて行いました。私の前で泳いでいる上手な人は体の軸がまっすぐでした。しかしストロークをするたびに頭が動く人もいました。
自分では発見だと思ったのですが、コーチからはやっぱり体を動かさないようにと注意がありました。
またストロークに対してキックが多すぎる人がいるということも言われました。本日は疲れないクロールの練習でした。コーチが見本で悪いかたちと良いかたちのキックをしてくれました。良い形は1ストロークで3キックでした。多いということは1ストロークで4回以上キックを打っているということになります。それは疲れるはずです。
今度はゆっくり1ストローク3キックで泳ぎました。ゆったり楽に泳ぐことができます。呼吸はまだ無しで良いと言われたので、体がぶれないように注意して気がついたら25m立たずに泳いでしまいました。私は特に頭が動かないように気をつけて泳ぎました。あっという間にレッスンは終わりました。
心地よい疲れでした。