Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

今回はストローク

昨日は日曜日休んだので朝からスポーツクラブに行きました。私が最近参加しているバレトンは回を重ねるごとに参加者が増えてきました。隣の人とぶつかりそうになるぐらいです。激しい運動ではないのに私だけでなく他の人も汗びっしょりになっています。その後のヨガもいっぱいの人です。その後プールにいって少し自主練をしてレッスンを待ちました。はじまるとまた大勢の参加者でびっくりしてしまいました。どのレッスンも待つ時間が適度で受けやすくなったためだと思われます。
平泳ぎのレッスンはストロークを中心に行いました。最初はおさらいで蹴伸びから行いました。お尻、お腹、頭、手と気をつけるところがたくさんあり、私は1回で全てに注意ができるまでには至っていません。次にキックの最後に足の指を丸めるように気をつけて先週と同様に、キックの練習をしました。足の指先を丸めると体が自然に浮上してくるのでここで足が水面に出てきている人が多いと注意がありました。コーチの見本を水中で見てみましたが、少しだけ斜め下に向かってキックしていました。
そして旗から旗まで十分伸びながらキックをして何回で進めるかやってみました。旗の前で思いっきり伸びましたがやっぱり7回でした。
次にストロークの説明でした。肘は引かない、肩も持ち上げないように気をつけて、体の真ん中あたりで水流を作るのだそうです。体の中心に集めた水を前に運ぶためにお腹をえぐるようにして手をできるだけ前に持っていくそうです。あまりたくさんの水を集めると重すぎて前に運びきれないそうです。ここは個人の体力に合わせてというところでしょうか。説明の後歩きながらストロークの練習をしました。腕も肩周りもおまけにお腹も疲れてきました。この感じがスイムでできると良いのだと思います。
腕だけ動かすのではなくて、肩甲骨を機関車の車輪のように回すのだそうです。コーチのやって見せてくれているのを真似してやってみましたが、なかなか難しいです。
最後に普通に泳ぎましたが全身に力が入っている感じでした。
今まで足以外力が入っていなかったことがよくわかりました。平泳ぎは常にお腹に力を入れて泳がないといけないこともよく理解できました。ストロークでも進めるようになることが私の目標です。
帰ろうとしたらコーチが最後に平泳ぎで50m泳いで見せてくれました。ターンした後の水中のストリームラインがとても綺麗で水上では体が飛んでいるみたいに見えました。