Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

JAZZピアノのレッスン

Body and Soul とRound Midnight

昨日はJAZZピアノのレッスン日でした。Body and Soul は、アクセントをつけて弾き、アドリブも弾いて行きました。アクセントをつけた音はギリギリまで伸ばして、後の音は力を抜きます。力を抜くところはレッスンで直していきました。エンディングを教えてもらって再度通して弾いてみました。
次回からの新しい曲をもらいました。Round Midnight です。ジャズの鬼才、セロニアス・モンクの作品で原題はRound About Midnight でしたが、後に歌詞がつけられてRound Midnight という曲名に定着しました。マイルス・デイヴィスクインテットの演奏で有名になった曲です。Round Midnightは、1986年、アメリカとフランスの合作の音楽映画の主題歌として使用されています。ジャズサックス奏者のデクスター・ゴートンが主演、ハービー・ハンコックアカデミー作曲賞を受賞し、デクスター・ゴートンもアカデミー主演男優賞にノミネートされたそうです。パリを舞台にジャズミュージシャンのデイル・ターナーとデイルの音楽を愛し、サポートする青年フランシスの友情を描いています。実在のジャズピアニストのパド・パウエルがパリで活躍していた時期の実話が元になっていて、フランシスのモデルも実在のフランス人デザイナーだそうです。
♭が6つもつくE♭minorの弾きにくい曲ですが、怪しくて危険という、かつてのジャズに対するイメージにぴったりのような曲です。