Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

休日メニューは平泳ぎ

キックの基本

昨日は疲れが残っていたので休もうかと思っていたのですが、自転車でスポーツクラブに行きました。
海の日で、いつもとは違うスケジュールでした。
プールに着いたらレッスンまでに40分〜50分ぐらいありました。蹴伸びから練習して、平泳ぎのキックを多めに練習しました。
レッスンは初級平泳ぎで、キックの基本からでした。まず姿勢をまっすぐにしてお尻を後ろに突き出してその状態で膝が上に上がる範囲まで持ち上げます。それから踵で水を押す感じなのだそうです。私たちの一番問題なのはお尻が下がり、背中が丸まっていることだそうです。最初歩きながら青い線の上を片足ずつキックの形を作りながら歩きました。キックは体の前でするようにと注意されました。しかし2本目でコーチのチェックが入りました。私は膝から下をお尻の方まで曲げてしまっていたのです。まさに体の後ろでキックしていました。そうではなくてコーチがプールの上で見せてくれたのは腿を上げて、腿とふくらはぎが膝を支点にして直角になっていました。私の曲げ方は明らかに後ろに曲げすぎでした。ここができていなかったところでした。次に注意されたようにビート板を持ってキックをするとすごくスムーズに進みました。コーチが「足が水面に出ていた人?」と聞くと誰も手を挙げませんでしたが結構水面に出ていた人がいたそうです。私は今まで水面に足が出るのを避けるために下半身を下げ気味にしていました。これは負の連鎖で良くないことがわかりました。キックをする前にまず姿勢を意識して体を細く長くして泳ぐことが大切だそうです。最後にビート板なしでキックの練習をしました。
レッスンが終わってから、ビート板を持って平泳ぎのキックの練習をしました。最初はうまくできていましたが、何回もするうちにまたできなくなってしまいました。それで立ったまま片足ずつ練習してからまた再開しました。キックの直し方が自分ではわかっていなかったので本日のレッスンに出て良かったと思いました。 体が覚えるまでにはなっていませんが、頭ではしっかり理解しました。
 http://www.flickr.com/photos/94322861@N08/8589543392

photo by simplyswimuk