Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

水中ドルフィンとバタフライのレッスン

少し進むようになった水中ドルフィン
昨日は、小雨だったので自転車に乗ってスポーツクラブに出かけたのですがだんだん雨が本降りになってきて少し寒かったです。
いつものようにジムで筋トレをして、ヨガに2週間ぶりに参加しました。少し休憩してからプールに行きました。自主練は私が泳いでいるレーンは人が多かったので、渋滞しないように気をつけて泳ぎました。本日は水中ドルフィンを4本行いました。キックを細かくしたり、深く潜ったり、浅く潜ったりしました。プールの底近くに深く潜ると、自然にキックも細かくなって、速く進むし、長くキックできることがわかりました。自分が体感してわかったのですが、ダイビングの上手な人に確認してみると深く潜ると自然にストリームラインが真っ直ぐになっていて抵抗が少なくなっているそうです。水中の真ん中あたりでのドルフィンキックですぐ浮上してしまうのは、ストリームラインの姿勢が悪いからなのだと理解しました。
レッスンは、ビート板を持ってキックから行いました。キックで足を下げお尻を持ち上げてたら、元に戻すだけでよいそうです。しかし私はお尻が上がらずお腹が下がってしまいます。ヘッドアップだったので余計にお尻が下がってしまい、コーチにお腹を持ち上げられました。
片手バタフライの前にコーチが「呼吸の時に手が止まらないように。」と言われました。また「肩は常に水面に出ているように。片手のときは手を回しやすいですが、手を大きく回しすぎても両手だと無理なので最初から気をつけてください。」と言われました。
最後にスイムを2本泳ぎました。私は深く潜らないように気をつけていると自然に第2キックを強く打ってしまいました。
レッスン終了後にコーチがバタフライを50m泳いで見せてくれました。
7月2日は、半夏生なので夕食はたこを買って、酢の物にして食べました。