Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級バタフライ

速く泳ぐためには…

昨日は、朝からスポーツクラブに行きました。エアロビクスの時間までジムで筋トレをしてから、参加しましたが、汗びっしょりになりました。終わってからも残りの筋トレをして10分間のインストラクターさんが教えてくれる筋トレをしました。本日はお腹でした。家でもできるような内容でした。腹筋が弱いので大変でした。汗がまたまた出てきました。気をつけないと腰に力が入りそうになりました。それは腰を痛めるので良くないそうです。
終わってから知り合いと少しおしゃべりをしてからプールに行きました。自主練はあまり真面目にしませんでした。すでにエアロと筋トレで疲れていました。
レッスンはまずビート板を持って顔を水中に入れてお尻を出すようにしてキックをしました。そして今度はビート板の前を持って頭を出してキックをしました。それから片手バタフライの第1キックで手を水中に差し込まないで水面に出たままにする練習をしました。しかし泳いで見るとほぼ全員の人が第1キックで手が水中に潜っていました。左右行った後、スイムで手を水中に潜らせないで泳ぎました。お腹を引っ込めて伸ばした手を背中の後ろに反らすようにしないと手は水面にとどまらないように思いました。次に毎回呼吸でも泳いでみました。毎回呼吸で泳いでいると私の体はだんだん沈んでくるように思いました。今まで第1キックを強くするバタフライを練習していましたが、本日と来週は第2キックを強くする泳ぎの練習です。パワーのいる泳ぎだそうですが速く泳ぐことができるそうです。まず片手バタフライで第2キックを強くして泳ぎました。といっても実は我々はどちらのキックも強くなっているとコーチに言われました。今度はコーチが第1キックを打たずに第2キックだけで泳いで見せてくれました。前で伸びる時間はほとんどなくて素早くリズミカルに泳がないといけないようでした。片手バタフライで第2キックを強くする練習の後、両手のスイムになりました。第2キックが強いと体が上がるので勝手に呼吸ができる感じです。しかし私はこのスイムで何ストロークも泳ぐことができませんでした。キックが普段の反対になるので途中でどちらかわからなくなってしまうのです。疲れたなあと思ったら最後はコーチが見本を泳いで見せてくれて終わりました。レッスンが終わってから練習してみましたが何回も立ちながらの練習になってしまいました。今までのバタフライと違う感じです。