Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

スイムは少なかったけれど疲れました…

昨日は前日の疲れが残っていて体がだるかったのですが、クロールのレッスンを受けようと思ってスポーツクラブに行き、ジムで筋トレを行ってからプールに行きました。
自主練は平泳ぎのキックや蹴伸び、クロールのストローク、背泳ぎのターンを少し行いました。
レッスンは25mのウォーミングアップの後、私たちは広がってだるま浮きから手足を伸ばした伏し浮きの練習からでした。次にその姿勢を維持しながらビート板無しでキックを行いました。そしてバタ足をしながらビート板に片手を乗せてもう片方の手は体側において、頭を腕にくっつけて横向きで呼吸の練習をしました。1、2、3、パッのタイミングではなくゆっくりで良いのでちゃんと呼吸をするようにと言われました。2回目は反対でやってみました。それから片手クロールで呼吸を入れました。その後コーチが悪い形を2種類やってみました。私たちはどこがいけないのかよくわからなかったのですが、1つ目はリカバリーの肘が内側に入っていました。まさに前日プライベートレッスンで注意を受けた私のスイムです。そうならないためには、手をまっすぐ後ろに掻くようにと言われました。そのときも手の平全体と前腕を使って水を後ろにしっかり押して小指から抜きあげたら良いそうです。2つ目は入水の位置が深くなりすぎることでした。それには呼吸が影響しているそうです。呼吸を早めからすることによってリカバリーがスムーズにできて、入水が深くならずに済むそうです。私のクロールの欠点の直し方がわかりました。またストロークの説明で手の平だけで水を押すのではなく、手の平でキャッチした水を前腕で後ろにできるだけ逃さないで運ぶようにと言われました。本日のレッスンはいつもより腕が疲れました。いつもは手を十分には使っていなかったのだとわかりました。いろいろなことをした30分でした。スイムは1本で時間になってしまいました。