Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

疲れないように…

昨日は、お昼前にスポーツクラブに行きました。泳ぐだけにしようと思ったらレッスンまで1時間以上時間がありました。なるべく疲れないようにプルブイをつけてクロールと両手背泳ぎを多くしました。
クロールは、脇タッチで泳いだり、肘を立ててまっすぐゆっくり後ろに掻いたり、なるべく前方に入水することに気をつけたりしました。両手背泳ぎはストロークが揃うようにと思うのですが、両手がなかなか揃わず蛇行してしまいました。クロールのスイムでは2ビートで何回も泳いでみました。すうっと伸びて進むので楽でした。ゆったり泳ぐのはこれだなと思いました。
レッスンはいつものように最初25mを2本泳ぎました。本日は2本とも2ビートで泳いでみました。6ビートよりは少々遅くなりますがレッスンなので全く問題ありませんでした。
次に片手をビート板に乗せてもう片方の手は体側につけてキックの練習でした。ビート板をまっすぐにして動かさないように注意がありました。ここをきちんとしないとまっすぐ泳げないそうです。真ん中で左右交代しました。次に同じ姿勢で呼吸をつけました。呼吸の時にはビート板を前に押すようにすると呼吸しやすいそうです。また呼吸する時は体が横になりキックも横になりますが、膝は伸ばしたままで行うようにと言われました。さらに顎を上げないで、どちらかといえば引き気味で呼吸する方が呼吸しやすいそうです。
そしてビート板に乗ってスカーリングの練習をしました。ビート板に乗ることはできましたがスカーリングはとても下手なのでうまくできませんでした。それで今度はバタ足をしながらスカーリングで進みました。力を入れすぎないこと、肘を立てること、外向きより内向きの方に力を入れること、手を横に広げすぎないことを言われました。また手は前にまっすぐ伸ばして入水すること、水中に深く入水するとキャッチしても水を後ろに押すことが大変になることを言われました。私はいつも手が深く入水しすぎていたのでまさに自分のことを言われていると思いました。一生懸命スカーリングをした後はスイムのキャッチがしっかりできて、手を使っていることがはっきり自覚できました。今までいかにいい加減なストロークだったかを認識しました。