Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級クロール

連休前で人は少なめ

昨日は、お昼前にスポーツクラブに行きました。2日連続筋トレをしているので、本日は時間がありましたがすぐプールに行きました。最近自主練では下向き、左右横向き、上向きキックをしていたので本日は、同じように下向き、横向き、上向きのドルフィンキックを行ってみました。
一掻き一蹴りと蹴伸びもいつものように行いました。次にプルブイをつけてキャッチアップ背泳ぎや両手背泳ぎをして、木曜日に教えてもらった対角線にストロークとキックを入れる練習をしてみました。ストローク数はいくつかな?とか他のことを考えて泳ぐとずれてくるのでひたすら対角線になるように意識して練習しました。後少しで25mとちょっと油断すると手と足が一緒になってしまいました。後少しでできるようになりそうです。
平泳ぎは、3キック1ブレスや、スイムを少し行い、後はプルブイをつけてクロールのストロークの練習を何回も行いました。
レッスンはまず25mを2本好きな泳ぎで泳いだ後は、呼吸の練習が中心でした。最初ビート板に右手をのせてバタ足しながら左呼吸の練習をしました。次は左手をビート板にのせて右呼吸をしました。そして片手クロールを、同じようにビート板に片手をのせて行いました。ビート板にのせた手はまっすぐに伸ばして内側に入らないように注意がありました。要するにビート板をあまり動かさないようにして、呼吸の時には、キックは止まらないようにと言われました。呼吸する時は、頭は横を向いて目は天井を向かないように水面すれすれで横を向く感じだそうです。できているかどうか確かめる為に呼吸のタイミングでコーチは我々の横に顔を近づけてきました。私はコーチと目が合ってしまいました。それで良いのだそうです。それから両手を回したのですが片手をビート板にのせてストロークのたびに手を交代してビート板にのせて行いました。ビート板の幅ぐらいを目安に手を前に持ってくると良いそうです。はじめて行いましたが、ビート板が動くのでやりにくい感じでした。最後は普通のスイムです。我々の泳ぎを見て、呼吸の時だけリカバリーが早くなっているそうで、一定のリズムで行なうように言われました。また呼吸の前に十分息を吐いてから吸うように注意がありました。余裕を持って呼吸しないとフォームが乱れてくるそうです。いろいろ注意をしながら泳いでいるとどこか忘れてしまいます。一つ一つ確実にやっていかないといけないなあと思いました。