Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級平泳ぎ

プルの勘違い

昨日は自転車でスポーツクラブに出かけようとしたら雨が降ってきたので、バスで出かけました。遅くなったのでジムで10分の筋トレとマシーンでの筋トレをしました。本日は腹筋を鍛えるトレーニングでした。たった10分なのに汗が出てきました。それからプールに行って自主練をしてレッスンが始まるのを待ちました。
レッスンでは、まずビート板を持って上向きキックでした。私はやっぱり膝が開きすぎていたので両側から足を抑えられました。次に背中とお尻の真ん中あたりにビート板を置いて上向きキックを行いました。私は「体が上下に動かないように。」と注意を受け、足を上からおさえられました。最後の方は、手を万歳をして同じようにキックしたらこちらの方が安定してうまくできました。
それから後ろ向きになって椅子に座るような姿勢で膝を動かさずに、膝から下だけを使って水を巻き込みながら進みました。最初要領が解らなかったのですが、足の甲ではなく裏側で水を押すと良いと言われたのでやってみると進みだしました。
次は手の練習でした。キックはバタ足で手は万歳から肘から先だけを回して進む練習でした。コーチが説明している時に私が手首をくるくる動かしていたら「手首は固定して肘から動かします。」と言われてしまいました。私はここが勘違いしていた一つ目でした。説明の後バタ足で肘から先だけを動かして進みました。もう1回はグーの手にして泳いでみました。肘から下を大きく使わざるを得ない状況を作ったのでした。
その後に肘を体の真ん中に寄せてきたら手を前に伸ばす時 に、ただ手を前に伸ばすのではなく肩甲骨を回しながら体の真ん中に寄せて、肩甲骨から前に伸びるそうです。バタフライの時とはちょっと違う肩甲骨回しの見本を見せてくれました。私たちも一緒にやってみました。そうすると体も上がってくるそうです。ここが私の勘違いの二つ目でした。今まで前に伸びる時だけ肩甲骨を動かしていましたが、肘を真ん中に持ってくるところから肩甲骨を回すと良いということが本日の説明ではじめて理解しました。終わって2本平泳ぎを泳いでみましたが、手で水を捉えてはじめて水圧を感じることができました。
嬉しい!腕力がいるのだと勘違いしていました。