Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

最後の平泳ぎ

一年間ありがとうございました 

昨日も風邪気味で休もうかと思ったのですが、一年間平泳ぎのレッスンをしてくれたコーチが3月末で転勤になってしまい、本日が最後のレッスンだったので頑張って行きました。
昨年の4月に赴任したばかりだったのでまだまだ教えてもらえると思っていたのでとても残念です。
最初はキックの改造からはじめて何回も挫折しそうになったのですがアドバイスを聞いて取り入れているうちに私の平泳ぎが変わってきたように思います。まだ完成形にはなっていませんがいろいろなことを勉強しました。
今まではただ手や足の形だけを注意されていたのでなぜそうなるのか全くわかっていなかったので自分の泳ぎになかなか変化はありませんでした。
この一年間なぜこれが必要か?とか、どうしたら抵抗を減らすことができるか?とか説明をしっかりしてから泳ぐので自分でも納得できました。子供ならそんなことをしなくてもできるのだと思いますが、大人からはじめた私としては頭で理解してからでないと泳げないのです。それからいつも「絶対できるようになります。」というコーチの言葉に励まされました。そこのところがピタッと合ったので1年間ほとんど休まず参加しました。
本日はまとめとしてキックから順番に行いました。私はキックの時太腿を締めるようにまたまたコーチにサポートされました。ここは気をつけないといけない一つです。もう一つはスイムのときの手の位置でした。ここでも水中から手でこれ以上下がってはいけないところを指し示してくれました。あとは胸から前に進むようにするとより前に進むことができるそうです。これができると腰が下がるのが少しは改善されるかな?
これからは別のコーチのレッスンを受けることになりますが、今まで教えてもらったことはブログに書き留めているので、わからなくなったら振り返ってみてみようと思います。コーチは「継続は力です。」と言われました。これからも時間の許す限り泳いでいきたいと思います。