Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

平泳ぎの日

スイムは最後まで気を抜かないで…

昨日は、レッスンより1時間半も前にスポーツクラブに着きました。
プールにいって水中歩行の後は、ビート板を持って頭をしまってバタ足、平泳ぎのヘッドアップキックと頭をしまったキック、ドルフィンキックは普通のキックと背面ドルフィン、背泳ぎのキックを2本ずつ行いました。その後一掻き一蹴りと蹴伸びを4本、逆立ちイルカ飛びを1本、前日できなかった手を広げたイルカ飛びを2本、手を回して1回ずつ立つイルカ飛びを2本行いました。前に十分伸びるようにするとひっくり返りそうにならずにすみました。
次はプルブイをつけて両手背泳ぎを2本、普通の背泳ぎを2本、バタフライを2本、クロールは6本以上泳ぎました。まだまだ時間があったので、スカーリングの練習もしました。苦手なので何回も立ちながら練習しました。特にフロントスカーリングが進みませんでした。スカーリングの後クロールを泳ぐといつもよりすうっと進みます。効果があるのかな?
そして平泳ぎの3キック1ブレスの後、4種目を軽く泳ぎました。
レッスンは、ビート板を持ってキックの練習からでした。呼吸なしと呼吸を入れて行いました。次にビート板無しで十分伸びながらキックだけ行いました。キックの形を作ったら後ろに蹴りながら一気に両足を揃えてさらに足首を伸ばして抵抗をなくすように注意がありました。綺麗な姿勢ができると体の表面に水がすうっと流れるそうです。この感覚はまだ私は体感できていません。
手の動作も最後にもう少し手を伸ばすと肩甲骨から伸びて手が長くなるというか、前に伸びることができるそうです。
スイムになってコーチが見てくれると「もう少し頭を入れて。」と言ってくれました。そうすると抵抗が減ってもっと伸びるようになりました。
だんだん平泳ぎが完成に近づいているような気持ちになってきてとても楽しみです。