Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

伊藤華英さんスペシャルレッスン(2)

クロールと背泳ぎ

建国記念の日伊藤華英さんのスペシャルレッスンはまずクロールと背泳ぎでした。参加者の半分ずつが2コースに分かれた後100m個人メドレーのデモストレーションがありました。飛込み台もセットして長いストロークで優雅な泳ぎを披露してくれました。レッスンの最初はクロールからでした。私たちは最初蹴伸びから練習しました。手を耳の後ろからまっすぐ伸ばして背中を丸めないように気をつけてお尻の穴をきゅうっと締めてから、足は体の幅ぐらい広げて壁を蹴ったら両足を揃えます。2回ずつ行い、1回は伊藤さんが、もう1回はクラブのコーチがサポートしてくれました。次にキックの練習でした。キックは水面上にたくさんの泡が出ないように、水中でキックするぐらいの気持ちで行なうようにと言われました。また足は上にではなく「下に振り下ろすように。」と言われました。私は回転数がゆっくりでしたが「普通4ビートで泳ぐぐらいが伸びのあるスイムになります。」と言われました。ストロークは、「キャッチしたらまっすぐ後ろに掻き切るように。掻き切ったら、中指が一番前に行くように。」と注意がありました。ここが問題の人が多かったようでした。スイムはストローク数を数えて泳いでみました。なるべく少なくするように言われたので伸びるように心がけました。私は15ストロークで泳ぐことができました。15ストロークの人が数人いて一番少ないストローク数でした。嬉しい!最後にスピードを上げても同じストローク数か、減らして泳ぐように言われましたが、スピードを上げると17ストロークになってしまいました。
続いて背泳ぎでしたが、まず呼吸の注意がありました。「鼻で息を吸うとむせることがあるので口で吸って下さい。」と言われました。その後すぐに手をつけて練習しました。伊藤さんの模範をみるとローリングするのでキックは上向きではなく斜めになっていました。だから上向きキックの練習をしなかったようです。ストロークは親指から上げて、小指から入水することを確認しました。またストロークの始まりは小指からの入水からがスタートだそうです。親指から上げるところをスタートと感じて泳いでいる人が多いと言われてしまいました。全く意識できていなかったことでした。背泳ぎでもフィニッシュを意識するように言われました。その時手を体側につけるのではなく手を後ろにちょうどクロールのストロークの掻き切ったときのような形になるように注意がありました。最後にラインに沿ってまっすぐ泳ぐように注意があってスイムが終わりました。終わってから一人ずつ伊藤華英さんと一緒に写真を撮りました。
f:id:Appleminto:20150213070355j:plain