Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

泳ぎ初め

体を慣らすために

昨日は、今年最初のスポーツクラブの開館日でしたので午後からゆっくり出かけました。体を動かしていないのであまりハードな運動はしたくなかったので、プールでクロールと背泳ぎのレッスンと初級平泳ぎのレッスンを受けました。最初のクロールと背泳ぎは子供達に指導するように基本から順を追って行なうので新鮮で、自分の抜け落ちている部分に気づくことができました。蹴伸びの手の形、手の向き、特に背泳ぎの蹴伸びは自分がいかにいい加減にやっていたか、というか知らなかった部分でした。ゆっくり考えながらきちんとできるようになりたいと思います。
クロールのバタ足は細かく速く練習したほうがいいそうです。またボビングでは1、2、ブクブク、パーと練習する時ブクブクは思いっきり息を吐くほうが良いそうです。私はいつもあまりたくさん吐かないのですが…。ストロークは、手をまっすぐではなく少し水中にいれて水の音をたてないように、また水中の搔く動作は速く 、水から出たらゆっくりリカバリーする方がゆったりそして速く進めるそうです。
背泳ぎでは、蹴伸びの練習の後、キックそしてスイムと練習しました。ストロークは、10時10分を意識して泳ぐと蛇行しないそうです。私は結構蛇行するので気になっていました。ぜひ10時10分を心がけたいと思います。その後初級平泳ぎでは、ビート板キックを中心に行いました。
お正月であまり時間の余裕がなかったですが、体を慣らすためにはちょうど良い加減でした。