Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

土曜日の平泳ぎ

レッスンでは…

昨日は、とても寒い朝でしたが昼前にはスポーツクラブに行きました。筋トレをしようと思っていましたが、平泳ぎのレッスンに参加する人たちが次々プールに向かっていたので私もジムには行かずにプールに直行しました。レッスンまでにおよそ1時間あったので自主練がたっぷりできました。自主練の成果は水中ドルフィンです。息を吐くこととさらに2〜3m先を見るようにするとなんとプールの真ん中まで進みました。頭を下げ過ぎていたことにやっと気がつきました。視線を変えただけでこんなに違うなんてびっくりしました。もちろん前日に注意されたように腰とお腹の動きにも注意しました。あとは背泳ぎのビート板をお尻に乗せたキックやブルブイを使った両手背泳ぎ、さらに片手背泳ぎも練習してみました。平泳ぎのヘッドアップでのビート板キックはいつもやるようにしています。3キック1ブレスもなんとかやりました。もちろんスカーリングの練習もしました。
レッスンはまずキックしたかかとを手で触って確認しながら泳ぎました。次にビート板なしでキックしたら限界まで蹴伸びする練習をしました。私は最初体が傾いて伸びるどころかひっくり返りそうになりました。気を取り直してそこからまたやり直して進みました。それからビート板をもってタイミングを意識しながら泳ぎました。そのあと手の説明を聞いてぐーの手で1本泳ぎました。それから普通のスイムでした。手を前で伸ばして肘を立てて脇を締めて手を前に差し出します。そのとき上半身をまっすぐにしたまま前に飛び込むようにするのが良いそうです。立って手だけ練習したらなんとなくわかりましたが泳ぐとお腹が下がってまっすぐの体になっていないみたいです。体幹が締まっていないからだろうと思います。次に前に手を伸ばしたときの手の形は前ならえではなくて親指を下げてキャッチの形にするそうです。私は前に伸ばしてからキャッチの形に2段階の動作をしていましたがここを一気にするとすごく早い手の動きが可能になりそうです。またまた練習する課題ができました。一歩一歩進んでいくといいなあと思います。最後にスイムを2本泳ぎましたが、一掻き一蹴りが思いの外うまくいって自分でも嬉しくなりました。