Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

中級背泳ぎと初級クロール

代講レッスンでしたが…

昨日は、お昼過ぎからスポーツクラブに行きました。代講レッスンでしたが、良いと評判だったので一度受けてみたいと思い休みませんでした。
背泳ぎでは最初にお尻の下にビート板を置いてキックの練習をしました。お腹が下がらないように注意がありました。初めてだったのでビート板が左右に揺れましたがなんとかできました。それからビート板なしで両手を伸ばしてキックをし、次は片手を伸ばしてもう片方の肩を少しあげてキックしました。私は結構斜めを向いてキックしたのですが頭は上を向いたまま体だけ傾けるようです。ここができていませんでした。私のようにキックしていると蛇行するようで25mをもっと長く泳ぐことになってしまうようです。体の軸をまっすぐにするのが当面の課題のようです。次に手の練習でした。片手だけで泳ぎました。最初動かさない方の手を伸ばしていましたが気をつけの姿勢の方がやりやすかったので途中から変更しました。中級なのでストロークに緩急をつけるように言われました。ずっと力を入れっぱなしより楽に泳げるようです。手を伸ばして小指入水してから下まで下ろして最後に力を入れて掻き切ります。ここでも体幹に力を入れて蛇行しないように注意が必要です。最後に普通のスイムを行いました。泳ぎ始めの蹴伸びからスイムに移行する基本的なことも本日は丁寧に説明してくれました。今まで他ではあまり詳しく説明してもらったことはなかったような気がします。
休憩の後クロールのレッスンでした。足首を伸ばした蹴伸びと何もしないで蹴っただけの蹴伸びをやって見せてくれましたがみんな何が違うのかわかりませんでした。蹴伸びでは最後に足首を伸ばして抵抗を少なくするとより進むそうです。次は顔を入れたビート板キックをし、ビート板なしの片手を伸ばしたキックでは体を広げすぎてはいけないけれど少し傾けて練習しました。そして片手クロールを左右行い、歩いて手の動きの練習をしてからスイムでした。手は体側にタッチして手を広げすぎないように掻くように注意がありました。1回目が終わってから今度は手を大きく後ろまで掻くように言われました。そうするとストローク数もまた少なくなりました。最後にアドバイスとして、「できないところを重点的に練習してから次に進む方が上達します。」とのことでした。納得しました。初めて受けたレッスンでしたがとてもわかりやすく、自分の欠点もはっきり自覚できました。