Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

JAZZピアノのレッスン

Falling In Love With Love

昨日は、発表会後、はじめてのレッスンでした。Someone to watch over me は、本日が仕上げでした。
アドリブや、エンディングは前回一応アウトラインだけ決めてもらっていたので後は自分なりに仕上げていきました。
新しい曲もすでに決めてくれていました。Falling in love with love です。リチャード・ロジャースの曲です。リチャード・ロジャースは、1919年コロンビア大学に入学したときすでに彼の相棒ローレンツ・ハートとブロードウェイ・ミュージカルを書き上げていたといいます。そんな学生はコロンビア大学が始まって以来のことだったそうです。彼は2年後のちのジュリアード音楽院に移り音楽の勉強をします。この名コンビはRodgers&Hartと呼ばれハートが49歳で亡くなるまで数々のスタンダードとなった名曲を世に送り出しました。Falling in love with love もその一つです。1938年 作詞 ロレン・ハート、作曲リチャード・ロジャースでミュージカル「シラキューズからきた男たち」の中のキュートなナンバーです。「恋に恋することは愚かな行為とわかっていながら、それでも満月の夜に恋してしまった私。でも永遠と思った恋もいつしか私から去ってしまった」という内容です。どんな風に仕上がるか楽しみです。