Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

アドバイスを

理解できるようになるには…

昨日は、小雨が降ったり晴れたりの安定しないお天気でしたが、私は晴れ間に自転車に乗ってスポーツクラブに出かけ、帰りも家のすぐ近くでポツリポツリと雨が降りはじめたのでとてもラッキーでした。
最初のレッスンの中級バタフライは、いるか飛びからです。「足は終わりまでできるだけ伸ばすように。」と言われました。次にドルフィンキックです。「水を縫うように。」と言ってからはじまりました。私は少しキックが遅かったようなので短く回数を多くするように手で進めてくれたので、そのリズムでやってみました。すると進みがよくなりました。そして呼吸の練習です。ドルフィンキックを3回したら4回目に平泳ぎの呼吸を入れます。「頭を上げすぎないように。」と注意がありました。「顔が上がればいいです。」と言われました。前日の平泳ぎの時と同じです。また「呼吸して浮き上がる時には膝が大きく曲がるので、意識して伸ばすように。」とも言われました。最初は意識してもできませんでしたが、何回かするうちに前に進む感じがしました。これが前に伸びる泳ぎなんだと思いました。片手バタフライ、スイムと進みました。プライベートレッスンの時に「第一キックだけで泳ぐように。」と言われたのはこのことかもしれないとやっと理解しました。
2つ目はクロールです。今日は体幹を意識して泳ぎました。片手蹴伸びも体の軸を意識するとわりと平らな状態で進みました。先週まで体が傾いていましたが、腹筋と背筋に少し力を入れるとまっすぐになりました。ほんの些細なことができていなかったことがわかりました。しかし足先も力が入っていたようで、「足の力を抜いて。」と言われました。片手クロールやキャッチアップクロールをして、最後はスイムでした。肩が水中にはいるほど深く掻いて泳ぎました。楽にそして早く泳げるような感じがしました。初級なのでストロークの形はあまり細かく注意はありませんでした。一人のコーチの言っていることが理解できなくても、別のコーチが別の表現で注意したらわかることがあります。何人かのコーチの、いろいろなレッスンを受けてきてそのことを実感しています。
f:id:Appleminto:20140629184057j:plain
コリウスは1種類1苗買ってきて徒長してきたら切って、挿し芽でどんどん増やしています。