Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

平泳ぎとクロール

足だけで進んでいる平泳ぎ

昨日は、平泳ぎを真面目に取り組みました。
まず関節のストレッチを兼ねて、平泳ぎのキックとドルフィンキックを交互に行いました。
それから2キック1ブレスの練習、続いて1キック1ブレスの練習をしました。
キックは、「バタフライのキックをしたままの状態で前に引きつけるように。」と注意を受けてから泳ぎました。足が開き過ぎないようにするための注意です。
足を広げ過ぎないように注意しても、なかなかできないのでこのような表現をしたのだと思われます。
コーチも気をつかって言っていることがわかりました。
ストロークをグーの手で4回泳ぎました。私はグーでもパーでもあまり変わりません。手をあまり使っていないからです。
それで、コーチは、「ストロークは、呼吸のためだけに使わないで前に進むために使うように。」と言いました。まさに私に 言っているように聞こえました。わかっているけどなかなかできないのです。
これをクリアすればもっと速く泳げるようになるのに…
次のクロールは、両手蹴伸びから、片手蹴伸び、そして片手バタ足、片手クロール、キャッチアップクロールと続きました。どんどん泳ぐので充実した時間を過ごしました。
 http://www.flickr.com/photos/73793980@N00/11031858506

photo by Christophe Dayer