Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

楽に泳ぐバタフライ

ストロークは体力に応じて

昨日は、曇り空のうちに自転車でスポーツクラブへ。
いつも通り筋トレ、ヨガと行いました。
消費税アップ前ということでウエアのバーゲンをやっていたのでちょっとみてからプールへ行きました。
子供の短期水泳教室をやっていたので、真ん中あたりのコースで自主練をして中級バタフライのレッスンを受けました。
人数が多くて3コースに分かれて行いました。私は真ん中のコースで泳ぎました。
キックに始まり、片手バタフライを左右2本ずつ泳ぎました。
コーチが手をサポートしてくれました。かなり前に伸ばす感じです。
コーチの話では、「バタフライは他の泳ぎより疲れるので、腕の使い方が大事。」とのことでした。
疲れていないときは、手は楽にまわせますが、疲れてくると水中に手が沈んだり、肘が曲がったり、リカバリーを水中でやってしまったりと悪循環に陥ってしまうようです。
そういうときは、小指から抜き上げたり、手で水を切るように挙げると良いそうです。
先週のレッスンで教えてもらったバランスボールを抱えて飛び上がる感じを忘れず、疲れ具合に応じて臨機応変に泳げるようになりたいと思いました。
f:id:Appleminto:20140327165007j:plain
作成から5ヶ月経ったハンギングバスケット