Applemintoの日記

こころと体の健康を目指して、日々暮らしています。

伸びのある背泳ぎ

結局ローリングが必要

昨日は背泳ぎのレッスンを受けました。ケノビから始まり、キックに進みました。
以前注意されたことを思い出して、キックを少し水中に蹴る感じにしてみました。
いい感じに進みました。そして片手伸ばしキックをしてから、片手背泳ぎをしました。
左手が中央に曲がらないように注意して泳ぎました。
次にタッチアップ背泳ぎをしました。
今日はタッチする場所を他の人と同じようにしました。(前回他の人と違うと仲間に指摘されたので…)
ただタイミングが難しくて、ストロークが軽く浅くなってしまいました。
前を泳いでいる人も「難しいね。」と言っていたので私だけじゃないことがわかって少し安心しました。最後に普通の背泳ぎを行いました。私はストロークして体側で手を水中に差し込んでいたのですが、ストロークは止まらないようにと言われました。ローリングすることによって自然に手が上がってくるようになるそうです。
背泳ぎは、結局ローリングが必要ということのようです。
 
http://www.flickr.com/photos/8136496@N05/3724970089